2009年7月29日滋賀県秦荘中学校の柔道部で顧問に投げられた直後に意識不明になり、約1ヶ月後に急性硬膜下血腫で死亡した村川康嗣(当時12歳)の柔道事故の真実を明らかにし、それを多くの方に知ってもらうためのブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪の悲しい事件によって体罰問題が表面化し大きな報道となっています。

この国には体罰を肯定する風潮があります。
肯定という言い方に拒絶感を抱く方がいれば、体罰を否定しない考え方としても構いませんが、しかし、叩く事によって強くする、叩く事で気合いを入れる、このような考え方をする教育者が間違いなく存在し、それを教師や生徒や保護者が仕方のないこととして受け入れる事は、私は、体罰を肯定しているのと同義であると考えます。

今、問題にされ、表面化しているのは、氷山の一角でしかありません。学校のスポーツ教育の場において、体罰は蔓延しています。
件のバスケット部顧問は、強くするためには体罰は必要であると話したという報道がありました。
今日も、明日も、日本中の学校で、同様の考え方を持ち生徒に暴力を振るう教育者は変わらず存在しつづけるでしょう。

叩いて強くする、叩いて気合いを入れる、などという戯言は、暴力を振るう側の一方的で勝手な理屈でしかありません。
叩かれる側は、暴力への恐怖を感じるだけです。
その恐怖故に、指導者への恭順を示すだけです。

暴力で生徒を恭順させる事、そのどこが教育なのでしょう。
このような事は、徹底的に否定されなければなりません。

秦荘中の柔道部においても、事件を起こしたI元顧問は日常的に柔道部の生徒に対して気合いを入れるなどの名目で、叩く、蹴るなどの暴力行為を行っていました。
裁判でそれを証言していただいた勇気ある生徒さんがいらっしゃいます。
柔道部の副顧問もそれを目撃していました。
裁判の過程においても、I元顧問は「気合いをいれるために生徒を叩いた事はある」と自らの暴力行為の一部を認める証言をしました。

しかし、この事を、学校や愛荘町は未だに体罰であると認めてはいません。
秦荘中学のK学校長は、この元顧問の暴力行為を認めながら、しかしそれは「生徒の成長を願っての指導であり、体罰ではない」と私に明言しました。

教師の暴力行為を認めながら、指導という都合の良い言葉に変換し、体罰ではないと言い張る姿勢。
この詭弁にまみれた姿勢こそが、体罰を肯定し、容認し、そして事件へと繋がったのです。

秦荘中学校の柔道部において、間違いなく体罰は行われていました。
それを都合の良い言葉に置き換えて否定することは、これからも、生徒への暴力行為が行われる事を学校長自らが肯定した事に他なりません。

学校教育法11条で体罰は明確に否定されています。
体罰であると認めると、学校教育法に抵触する事実があった事を認めることになる、私は学校や行政が体罰であることを認めないのは、自らの保身のためのこの下らない理由からだと思っています。
苦しめられた生徒のことなど微塵も考えていない、保身と隠蔽の姿勢でしかありません。
このような教育者、管理者がいる限り、体罰は根絶せず、そして不幸な事件はあとを断たないでしょう。

自らの過ちを真摯に認め、過った事の責任をとり、猛省し、二度とおこさないと約束し、そのための施策を実行することこそが必要であり、その事で、初めて同じような不幸な事件を未然に防ぐことができるのです。

その事に目を背けたままでは、何の解決もされません。


スポンサーサイト

FC2blog テーマ:気になる教育行政 - ジャンル:学校・教育

【2013/01/23 12:18】 | 学校事故・事件
トラックバック(0) |
何人かの方から大津の事件についてどう思うかというご質問をいただいています。
思う所は多々ありますが、なによりもご遺族の深い悲しみは察するに余りあるものがあります、それを思うと、部外者である私などが限られた情報だけで正義面を振翳すような事は控えるべきであろうと思っています。

ただ、多くの方に解っていただきたい事が一つあります。

事件がまるで自分たちの管轄外の事であるかのような学校長や教育委員会の対応には、同じ対応をされた者として、報道されている以上に無責任な事が行われていたのだろうと容易く想像ができ、憤りを隠すことができません。
真実の究明を拒否し、事実を公表せず、隠蔽しようとする学校や教育委員会の体質も、私達の事件と何ひとつ変わりません。マスコミが報じた越大津市長の対応についても、私は文面通りに受け取るわけにはいかないだろうと思っています。

解っていただきたい事。
それは、多くの方が憤りを感じてらっしゃるこのような事が、けっして特定の自治体で起きる事ではないということです。

ご自身の子供が通う学校で、ご自身の地域で、不幸にして同じような事件が起これば、学校や教育委員会は間違いなく同じような対応をとるでしょう。

事件や事故が起こった当初は、学校や教育委員会の対応は真摯に見えるかもしれません。
しかし、それは問題を大きくしたくないからです。有り体に言えば、問題が大きくなりマスコミに報道される事を恐れているからです。
遺族や被害者家族が、事実を究明する態度をとれば、それは豹変します。

事件の当事者となった先生が良い先生であろうがなかろうが、学校長が人格者であろうがなかろうが、そのような事は関係なく、組織として組織を守ろうとします。
そして、本来、学校を管理・監督すべき教育委員会は、学校と癒着し、学校を擁護します。
彼らには組織を守ることこそが善であり、自らの落ち度を認めることは悪であるかのようです。
学校は、決して子供を守ってはくれません。
学校は、決して真実を明らかにしようとはしません。

ひとたび、不幸な事件が起これば、日本中の学校や教育委員会が、どこでも同じような対応をとるであろう事、この事を忘れないでいただきたいと思います。

そして、本来の機能・役目を放棄した教育行政や教育機関がこの国に蔓延している事がいかに恐ろしい事か、どうか考えていただきたいと思います。

教育行政のありかた、特に教育委員会と学校との関係は、根本から変えていかなければなりません。
いまでも教育委員長が学校の校長先生出身者であることは極めて多いはずです。このようなズブズブの関係で学校が正しく管理・監督などできるわけがないのです。
教育委員会と学校は完全に分断されなければなりません。

今の日本の教育には深い闇が存在します。
そして、その闇は間違いなく、皆さんの身近にも存在しています。



FC2blog テーマ:気になる教育行政 - ジャンル:学校・教育

【2012/07/18 11:48】 | 学校事故・事件
トラックバック(0) |
関西を中心に活動をされている「全国学校事故・事件を語る会」が5月28日と29日の二日間にわたり第45回の集会とシンポジウムを開催されます。

語る会は、学校事故・事件(いじめ、自殺などを含む)の遺族や当事者、親等の方の集まりで、学校事故・事件で我が子を亡くした遺族の支援とエンパワメントを目的とされています。
我が家も、事故当初にご相談にのっていただいた団体で、集会には私達も出席させていただきたいと思っています。

シンポジウムのテーマは、「事実の重みをうけとめて・当事者が語る」と題され、学校事故・事件被害者の中から発表者を募り、各事案の報告会が行われる予定です。

日程は下記の通りです。

日 時:
5月28日(土)13時半~
5月29日(日)17時まで

会 場 :
兵庫県学校厚生会館 TEL:078-331-9955

日 程 :
28日:13時半~ 交流会、18時半~懇親会(食事)費用4000円程度
29日:10時~ シンポジウム テーマ「事実の重みをうけとめて・当事者が語る」


一部だけのご参加も可能との事です。
詳細は、以下のリンクをご参照ください。
http://homepage3.nifty.com/Hyogo-GGG-Izokunokai/sub3.html



FC2blog テーマ:気になる教育行政 - ジャンル:学校・教育

【2011/04/20 10:35】 | 学校事故・事件
トラックバック(0) |
サイドメニューのリンク欄に新たに学校事故や学校災害、いじめ、自殺などの問題に取り組んでいらっしゃる方々のリンクを追加いたしました。

新しく追加したリンクは下記のサイトとなります。

【学校事故・災害】
学災連・学校災害から子どもを守る全国連絡会
学災連ブログ
学校災害の防止と子どもの生命を守る先頭に立ち、加害者にならないように、また被災者救済のための制度の充実をめざして、被災者とその家族、身近に支える市民や弁護士、研究者、文化人、関係する市民・父母団体などによって結成された団体です。
月に三回程度、学校事故や学校災害に遭われた方の電話相談をされています。相談日などはブログの方で確認できます。

全国学校事故・事件を語る会
学校事故・事件被害者・遺族の支援とエンパワメントを目的とした団体です。
関西を中心に定期的に集会を開くなどの活動をされいて、学校事故・事件被害者の方々の相談に応じていらっしゃいます。


【子どもを守る活動】
NPO法人ジェントルハートプロジェクト
いじめ問題に取り組んでいらっしゃるNPO法人です。

日本の子どもたち
上記のジェントルハートプロジェクトの理事であり、柔道事故被害者の会のアドバイザー。子どもたちの人権に関する草の根の活動を行っていらっしゃる武田さんのサイトです。



私達は学校で起こった柔道事故の被害者ですが、学校に関わる問題は、実に様々なものがあります。
しかし、どの事故でも、どの災害でも、共通している事は、被害者の方、遺族はすべて同じように苦しんでいるという事です。
子どもを取り巻く様々な問題を解決し減らすためには、まだまだ多くの時間と労力が割かれなければなりません。
このリンクが一人でも多くの方のお役に立つ事を願っています。


FC2blog テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育

【2011/04/19 15:33】 | 学校事故・事件
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。