2009年7月29日滋賀県秦荘中学校の柔道部で顧問に投げられた直後に意識不明になり、約1ヶ月後に急性硬膜下血腫で死亡した村川康嗣(当時12歳)の柔道事故の真実を明らかにし、それを多くの方に知ってもらうためのブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年12月22日(日)に、全国柔道事故被害者の会の主催する第7回シンポジウム「スポーツ指導とハラスメント」を東京で開催いたします。

全国柔道事故被害者の会のシンポジウムでは、これまで、学校活動における柔道事故の発生件数や死亡事故の発生率を社会学的に、柔道事故と脳損傷との関係を医学的に考察し、警鐘を鳴らしてきました。
また、海外での柔道事故の事例や安全への取り組みを紹介し、日本における柔道の安全対策の必要性を訴えてまいりました。

幸いにして、柔道事故による死亡者は減少をしておりますが、重大な事故に繋がる暴力的な要素を含む指導の話は
当会にも後を絶たず入ってまいります。
昨今メディアでも大きく取り上げられるようになったスポーツ指導における各種ハラスメントの問題は、柔道に限らずスポーツ全体にとって非常に深刻な問題であると捉えております。
この事に目を背けては、本当の意味でのスポーツの安全性は確保できないものと考えており、この度この事を取り上げたシンポジウムを開催させていただきます。

今回のシンポジウムでは、柔道事故だけではなく、スポーツ指導の在り方について広く考えて行きたいと思っています。
多くの皆様のご参加をお待ちいたしております。

シンポジウムのお申し込み、及び詳細は下記リンクをご参照ください。
http://judojiko.net/news/1472.html
関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:柔道 - ジャンル:スポーツ

【2013/11/18 13:35】 | 全国柔道事故被害者の会
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。