2009年7月29日滋賀県秦荘中学校の柔道部で顧問に投げられた直後に意識不明になり、約1ヶ月後に急性硬膜下血腫で死亡した村川康嗣(当時12歳)の柔道事故の真実を明らかにし、それを多くの方に知ってもらうためのブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日(2014年4月30日)長野地裁において、検察審査会により強制起訴とされた柔道の元指導者に対して業務上過失傷害罪による有罪判決がでました。
検察が嫌疑不十分を理由に不起訴にした事件で、初めての有罪判決となりました。
私も傍聴をいたしましたが、柔道事故にとって、また、同様に検察審査会が一度目の起訴相当を出した我が家の事件についても、非常に大きな意味をもつことになる判決であったと思います。

詳細について言及をするのは後日とさせていただきますが、報道各社へのリンクを貼っておきます。
在京キー局はすべて、夕方のニュースで大きくとりあげました。
この判決の持つ意味の大きさを物語る報道量だと思います。

NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140430/k10014127141000.html

日本テレビ
http://www.news24.jp/articles/2014/04/30/07250260.html

TBS
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2189352.html

フジテレビ
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00267687.html

テレビ朝日
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000026031.html

他、報道量が多いのですべてご紹介しきれませんが、新聞各社が大きく報道をしていますのでご紹介しておきます。

朝日新聞
http://www.asahi.com/articles/ASG4X6QWHG4XUOOB01T.html

毎日新聞
http://mainichi.jp/select/news/20140430k0000e040184000c.html

産經新聞
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140430/trl14043018130006-n1.htm

関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:柔道 - ジャンル:スポーツ

【2014/04/30 21:46】 | 柔道事故裁判
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。