2009年7月29日滋賀県秦荘中学校の柔道部で顧問に投げられた直後に意識不明になり、約1ヶ月後に急性硬膜下血腫で死亡した村川康嗣(当時12歳)の柔道事故の真実を明らかにし、それを多くの方に知ってもらうためのブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日(2011年11月27日)は、第三回目の口頭弁論でした。
今回も関西の各地より傍聴によるご支援をいただきました。
お見えになっていただきました皆さま、いつも本当にありがとうございます。心より感謝をいたしております。

今回の口頭弁論では、被告側の愛荘町によって康嗣の手術入院時のカルテの分析がされ、死亡原因と事故との因果関係について過失の認否がされると思われていましたが、被告側の愛荘町の代理人は、カルテを分析したという被告側の医師より、既往症との関係が予見可能性、結果回避可能性の判断に影響するので、既往症のカルテの提出を求めました。
その既往症のカルテを分析した後に、過失の認否を行うという事です。

要するに、康嗣の抱えていたかもしれない他の病因が、死亡事故の要因である可能性があり、その事を明確にしなければ、過失の認否はできないという事です。

ああ、やはりそうきたかと思いました。

このブログでも何度かとりあげていますが、柔道事故において、事故原因を柔道以外に求めるという事は過去においても散々されてきたことです。
柔道に限らず、学校でのスポーツ事故の場合、必ずといって良い程、同じ議論がされてきました。

これらの主張の裏には、過失相殺を目論む意図が見えます。
当日の柔道の練習が事故原因のすべてではなく、事故で死亡した本人の側に事故に繋がる要因があったので、その分の過失は相殺したいという事でしょう。

再三お伝えしていますが、愛荘町の村西町長は事故の責任は自分たちにあるとマスコミに向けては明言をしています。
しかしながら、実際の裁判においては、未だに過失の認否すらせず、責任を認めず、そればかりか、死んだ子供の方にも原因があるかもしれないと言ってきたのです。

このような主張が、どれほど遺族を苦しめることになるか。普通に考えていただければご理解いただける事だと思います。

裁判には、愛荘町も元顧問も当事者は一切主席をせず、傍聴もせず、代理人のみが出席をしています。
しかし、代理人がこのような主張をするという事は、愛荘町がこのような主張を認めているという事に他なりません。
愛荘町は、この主張で遺族がどれほど苦しむのか、悲しむのか、その事を十分に理解をした上で、このような法廷戦術をとっているという事でしょう。
遺族の苦しみを増長させるだけでしかない法廷戦術を、敢えて選択しているという事です。

はたして、村西愛荘町長がマスコミ向けに言ってきた、「責任は町にある」とは、「遺族に謝罪をしたい」とは、いかなる意図のもとで発言をされた言葉なのでしょうか。


原告の代理人は、この求めに対して、「そもそも既往症とはどのことを指すのか?それが解らなければ既往症のカルテの提出を検討することはできない」と突っぱねました。

愛荘町の代理人は、これを認め、医師と相談をして既往症の内容を明確にした上で依頼をするとしました。
これで、また余計な日数がかかることになります。

既往症のカルテの提出を求めるのであれば、どの既往症を問題とするのかを明確に提示することは当然の事です。
その事すら明確にせず、ただ漠然と既往症のカルテの提出を求めるなど、無意味な時間延ばしでしかありません。
そして、その事も、十分承知した上で、敢えてとっている法廷戦術なのでしょう。

次回の口頭弁論期日は、来年、2012年1月24日(火曜日)の13:30から大津地裁で行われます。
多くの方に傍聴にお見えになっていただき、愛荘町がいかなる責任回避の議論をしているのか、実際にご覧いただければと思っています。

関連記事

FC2blog テーマ:気になる教育行政 - ジャンル:学校・教育

【2011/11/30 12:18】 | 民事提訴
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
お名前及び有効なメールアドレスが記載されていないコメントは原則として掲載、返信いたしません。ご了承ください。
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。