2009年7月29日滋賀県秦荘中学校の柔道部で顧問に投げられた直後に意識不明になり、約1ヶ月後に急性硬膜下血腫で死亡した村川康嗣(当時12歳)の柔道事故の真実を明らかにし、それを多くの方に知ってもらうためのブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年5月、長野県松本市の柔道教室で澤田武蔵君(当時小学校6年生・15歳)が柔道教室の指導者に投げられて急性硬膜下血腫を発症し、遷延性意識障害となった事故で、本日(2012年7月25日)長野検察審査会は、2012年4月に長野地検が不起訴とした元指導者に対し「不起訴は不当であり、起訴相当」とする議決を公告しました。

事故を起こした指導者の刑事責任を認めるべきであるとした議決です。
指導者の刑事責任を問う非常に大きなニュースであり、また、同様の刑事事件を抱えている柔道事故被害者にとっても今後の刑事裁判において大きな影響を及ぼすと考えられます。

以下、報道記事へのリンクをご紹介します。
(リンクは、2012年7月25日現在において確認ができるものです。一定の期日を過ぎると非表示となるリンク先もありますのでご注意ください)

NHK長野放送局
信濃毎日新聞
MNS産経ニュース
関連記事

FC2blog テーマ:柔道 - ジャンル:スポーツ

【2012/07/25 14:29】 | 柔道事故裁判
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
お名前及び有効なメールアドレスが記載されていないコメントは原則として掲載、返信いたしません。ご了承ください。
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。